はり灸・マッサージ Calm

087-884-1695

完全予約制10:00-19:00[最終受付18:30]日祝休診

087-884-1695

完全予約制10:00-19:00[最終受付18:30]日祝休診

お知らせ & コラム お知らせ & コラム

ゲームの疲れに鍼灸治療!?~ゲーマー必見の鍼灸施術~

香川県高松市郷東町 鍼灸治療院

はり灸・マッサージCalmの中原です。

 

最近ではゲームも多様化され、テレビゲームだけではなくポータブルのゲーム機やスマートフォンなどでも手軽に楽しめるものとなりました。

そんな手軽さから、つい長時間ゲームをプレイしてしまったという経験はありませんか?

今回はそんなゲーム愛好家・ゲーマーの方に、鍼灸治療がどのような効果を発揮できるのか解説してまいります。


目次

 

  1. ゲーム疲れは肩こり・腰痛に?
  2. 鍼灸治療とゲーム疲労の相性は?
  3. 簡単セルフケア 
  4. まとめ

 


◆ゲーム疲れは肩こり・腰痛に?

 

ゲームといっても媒体はさまざまあるので、それぞれの特徴をみてみましょう。

テレビゲームやパソコンゲームでは基本的にすわった状態でのプレイが多いと思います。

すわった状態が長時間続くと、腰椎への負担がかかり、さらに前傾姿勢でのプレイはより大きな負担となるので、背中から腰にかけての疲労の原因となります。

さらに細かな操作を必要とするゲームにおいては、腕・手・指の緊張も強くなります。

スマートフォンやポータブルゲーム機を使用する際は、首がうつむいた状態や肩をすくめた状態でプレイする人が多いです。

その結果、首・肩・肩甲骨にかけての筋肉の緊張が強くなり、首肩こりの原因となります。

ゲーム機との距離が近すぎると、ピント調整をする毛様体筋にも負担がかかるので眼精疲労にもなりやすいです。

ゲームは脳での処理情報がかなり多いので、長時間してしまうと頭痛や眼精疲労の原因となります。

頭を使うゲームでは特に長時間プレイすると、思考力が低下するのを感じたことはないでしょうか?

さらに長時間ゲームをすることで交感神経が過剰に興奮し、不眠やイライラの原因となるので気を付けましょう。

 


 


◆鍼灸治療とゲーム疲労の相性は?

  

肩こりや腰痛などの疲労部位に対して鍼灸施術を行なうことで、そこに血流が集まってきます。これは、軸索反射という身体の反応を利用したものです。

血流が集まることで筋肉の緊張も緩和され、肩こりや腰痛の改善につながります。

肩こり・腰痛の詳しい記事はこちら【肩こりの正しい治し方!!】【その腰痛対策で大丈夫ですか?】

神経も血液が不足すると栄養不足でちゃんとした働きができず、機能の低下を起こしてしまいます。

自律神経や顔面の筋肉を支配する神経は脳にある中枢神経なので、脳血流を良くしてあげることが、自律神経の乱れや眼精疲労の改善には大切になります。

当院の鍼灸治療は【YNSA】という頭皮に鍼を打ち、脳血流を改善することを目的とした施術になりますので、このような症状には効果が期待できます。

眼精疲労の詳しい記事はこちら【鍼灸治療は眼を癒す!?~眼精疲労からの解放~】


 


◆簡単セルフケア

 

 30分に一度は姿勢を変えることを心がけましょう。

 交感神経の興奮が強くなり睡眠の質が下がります。

 運動は筋肉の緊張をほぐし、脳へ血流を運びます。

目の周囲の筋肉の緊張を緩和するにはホットタオルがおすすめです。

ゲーム後はゆっくり入浴して身体の緊張をとりましょう。

 



◆まとめ

 

ゲームは家庭で遊ぶおもちゃの分野から、今ではeスポーツやゲーム配信などの職業的な分野に発展しています。

これからはさらに没入感の高いゲームが開発され、長時間プレイが当たり前のようになってくると思いますので、楽しむためにもきちんとしたケアをしていきましょう。

鍼灸治療は神経の興奮を抑える効果が高く、ゲームのケアとしてはとても優秀ですので、気になる方はぜひ体験してみてください。

その腰痛対策で大丈夫ですか?

香川県高松市郷東町 鍼灸治療院

はり灸・マッサージCalmの中原です。

 

慢性的な腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニアなど腰のトラブルはさまざまですが、鍼灸治療が腰痛に効果的なことはご存知でしょうか?

今回はそんな、多くの方が経験したことがある腰痛について鍼灸師の視点から解説してまいります。


目次

 

  1. 腰痛の種類について
  2. 腰痛治療って何するの?
  3. 日常生活で気をつけることは?
  4. まとめ


◆腰痛の種類について

 

腰痛も原因はさまざまあるので、自分がどれにあてはまるか確認してみましょう!!

筋・筋膜性腰痛は、腰の筋肉や筋膜に負荷がかかることで発症する腰痛で、多くのケースがこの腰痛になります。

例えば、デスクワークで座りっぱなしの方は慢性的に腰に負担がかかり、腰の筋肉の循環障害が起こります。

他にも、重量物を運ぶようなお仕事では、腰に急激な負担がかかるので、そのような動作を繰り返すことによる腰へのダメージはかなり大きいです。

このようなケースでは、慢性的な循環障害、オーバーユースなどにより慢性的な腰痛を引き起こし、さらに腰の筋肉の伸縮性が損なわれた状態での急激な負荷による、ぎっくり腰(急性腰痛)を引き起こす可能性もございます。

腰椎椎間板とは、腰椎(腰の背骨)と腰椎の間にあるもので、クッションのような役割をしています。

この椎間板は、周囲の線維輪と中心の髄核から構成されています。

腰椎椎間板ヘルニアは腰椎間での圧迫などにより椎間板が押しつぶされ、髄核が線維輪を飛び出して、神経を圧迫している状態のことを指します。

この神経の圧迫が、神経根を圧迫している場合は臀部から下肢にかけてのしびれや痛みをともない、馬尾神経を圧迫している場合は膀胱直腸障害といって排尿障害などを引き起こす場合もあり、このケースではオペ適応になることが多いです。

腰部脊柱管狭窄症とは、中枢神経の通り道である脊柱管がさまざまな理由で狭くなり、神経を圧迫することで神経症状を起こす疾患です。

この疾患では、下肢の痛みやしびれ、脱力感が主な症状で、歩行時に症状が強くなり休憩を挟まないと歩けないなども特徴の一つです。

腰部脊柱管狭窄症は、加齢にともなう腰椎や腰部の靭帯の変形が原因で起こるケースが多く50代後半から増えてくる疾患です。

腰椎の後方にある椎弓とよばれる部分が、ずれたり、分離してしまう症状です。

これは骨の変形が進んだ高齢者や、子供のうちに激しいスポーツをすることで起こるケースが多いです。

腰椎分離症は骨折になるので、痛み違和感を感じた場合は早期に病院に受診してください。



◆腰痛治療って何するの?

 

腰痛に対して鍼灸治療がどのようにアプローチできるのか解説していきます。

鍼灸治療では、局所や遠隔部に鍼を打つことで腰部に対して血流改善をしてくれます。

これは、鍼を打った箇所に血液が集まったり、遠隔部への鍼刺激で副交感神経が優位となり、血管を拡張してくれる身体の反応によるものです。

鍼灸治療では鍼通電といって、鍼に電気を流す治療法があります。

一定のリズムで電気刺激を送ることで、筋肉の緊張が緩和され痛みを改善してくれます。

さらに一定のリズムの電気刺激は、脳に対して作用し脳内麻薬と言われるβエンドルフィンという物質を分泌します。βエンドルフィンは痛みを緩和し、幸福感を起こす作用があるため脳内麻薬と呼ばれますが、もちろん身体で作られる物質なので、害はありません。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、分離症などは、自然に完治する疾患ではございません。

痛みをコントロールし、日常生活に支障をきたさないようにすることが大切です。

予防的治療とは、圧迫による痛みや、循環障害による筋肉の緊張を緩和し、痛みをコントロールしていくものです。

鍼灸治療により、患部の循環状態をよくしたり、運動療法により関節の可動域を確保したり、生活面で取り組んでもらう体幹トレーニングなどが予防的治療に含まれます。

もちろんこのような症状は、まず病院から処方された薬の服用や、リハビリなどが前提条件としてあり、そこにプラスして考えていただければと思います。



◆日常生活で気をつけることは?

 

やはり腰痛は日常生活での積み重ねで起こる症状なので、いくつか気をつけることや対策をご紹介いたします。

人間は座る体勢だけでも腰椎にかかる負荷は立っているときの何倍もかかります。

さらに前傾姿勢でPC作業などをすると余計に負荷がかかります。

長時間の作業は避け、定期的に立つ・ストレッチをするを心がけましょう。

重量物を持ち上げるときに、身体から遠ければ腰にかかる負荷は増し、さらに膝を曲げず腰だけで持ち上げることは腰椎にかかる負荷が何倍にもなります。

普段から重量物作業のある方は、心得ていると思いますが、資料整理などでダンボールを持ち上げるなどの時は、膝を曲げて、身体に近いところで持ち上げましょう。

慢性的な腰痛がある方は、入浴をおすすめします。

熱すぎるお湯よりは、ぬるま湯程度で半身浴にしていただいたほうが、より血流改善には良いのでやってみてください。

腰痛があると、ついつい強くマッサージしたくなる人は多いのではないでしょうか?

しかしこの行為は、腰痛が慢性化する原因になるのでやめましょう。

痛みは脳からの異常がありますよのサインなので、局所を強く押しすぎると、脳との痛みの神経回路が強くなり、慢性化する原因となります。

腰椎の動きが悪いと腰痛の原因となるので、ストレッチをして腰椎の可動域を確保、周囲の筋肉も動かしてあげましょう。

【自主トレばんく】のサイトなどが詳しく乗っているのでおすすめです。



◆まとめ

 

腰痛は多くの人が経験している症状だと思い、今回の記事を書かせていただきました。

現代は長時間のデスクワークが増えていると思うので、ぜひこの記事をきっかけに腰痛予防や腰痛治療を検討してみてください!

また鍼灸治療がどのようなものかもっと詳しく知りたい方は【鍼灸治療が初めての方へ! ~鍼灸ガイド~】を参考にしてください。

カテゴリー

ページトップへPAGE TOP